Food

Specialist

レシピ

健美レシピ

栄養学

2018.09.11

健美レシピ NO.9 目の老化を防ぐ食材「ブルーベリー」

タイトル9

 
健康な体をつくるためのヒミツは食生活にあり!
体のお悩み別に美味しくてキレイになれる簡単なレシピをご紹介します。

 

ブルーベリー
 

目の健康を守るアントシアニン

 見た目ではなかなか分かりませんが、目も年齢とともに衰えてきますよね。「老眼」は、一般的には40代くらいから始まりますが、スマホやPCなどで目を酷使する現代では、20代や30代から症状が出るなんてことも珍しくありません。これは、画面から出るブルーライトが、網膜の細胞にダメージを与えることが原因のひとつと考えられます。
 そんな目のダメージケアにオススメの食材が、ブルーベリーです。ブルーベリーの青紫の色素は、高い抗酸化力を持つアントシアニンという物質。酸化ストレスでダメージを受けた網膜を保護し、細胞の死滅を食い止めることが動物実験で確認されています。また、アントシアニンは、「目が物を見る」という基本的な働きにおいても、重要な役割を果たしています。目は光としてキャッチした情報を電気信号に変換し、視神経から脳へと伝達することで物を見ます。このとき、網膜にあるロドプシンという物質が、光の刺激を受けて分解されるときに電気信号が発生します。刺激がなくなると再合成されるということを繰り返しますが、アントシアニンはこの再合成を活性化してくれる目の強い味方。目にとってアントシアニンは積極的に摂りたい成分といえるでしょう。生の果実やゼリーなどのスイーツも悪くありませんが、今回のレシピのようにソースとして活用することで、栄養素をおかずとして摂ることができます。またロドプシンの合成にはビタミンAも不可欠です。ビタミンAたっぷりの緑黄色野菜とともに、ぐっと凝縮した栄養素を効率的に摂ってみましょう!
 
ビタミンAを多く含む野菜
にんじん、パプリカ、トマト、かぼちゃ、ほうれん草、クレソン、菜の花 など
 
 
グラフ
 
 

ブルーベリーの甘味と酸味がアクセントに
豚肉のソテーブルーベリーソース

料理写真
 
材料(2人分)
豚ヒレ肉(一口カツ用) 200g 
塩 少々
黒こしょう 少々
小麦粉 適量
サラダ油 適量

[付け合わせ]
ブロッコリー 4房
にんじん 4cm長
かぼちゃ 2切れ
プチトマト 2個

[A]
ブルーベリージャム 大さじ2
バルサミコ酢 大さじ1
赤ワイン 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
にんにく(おろし) 小さじ1/4

[B]
粉チーズ 大さじ2
レモン汁 大さじ1/2
塩・こしょう 少々

 
作り方(調理時間40分)
1.豚ヒレ肉は包丁の背でたたき、両面に塩、黒こしょうをふり、小麦粉をまぶす。サラダ油を入れ、熱したフライパンで、焼き色がつき、中に火が通るまで焼き、皿に盛る。
2.フライパンの余分な油をキッチンペーパーで取り除き、[A]の材料を入れて少し煮詰め、とろみがついたら、1にかける。
3.付け合わせの野菜は、それぞれ食べやすい大きさに切り、ブロッコリー、にんじん、かぼちゃは茹でておく。
4.3を全て合わせ、[B]で和え、2の皿に盛りつける。
 

一言アドバイス

 

フレッシュなブルーベリーは、旬があり、どうしても高価になってしまうため、お料理に使うのには抵抗があります。そこで便利なのは、加工済みのジャムです。値段もお手頃で、甘味もプラスされているので、味付けも難しくありません。濃度もあるのでソースとしても使いやすく、料理初心者の方にもオススメ。ひと手間加えたい方は、冷凍ブルーベリーを使っても良いでしょう。

この記事を監修された先生

新生暁子しんじょうときこ

管理栄養士。博士(スポーツ健康科学)。国立健康・栄養研究所の栄養教育プログラムで技術補助員として従事。2008年にはシドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子率いるチームQに加入し、栄養管理を担当。

  • 気になる猫背に♪ マジコ姿勢サポーター
  • 姿勢・腰・膝・首☆悩めるボディトラブルに♪ ドクターマジコ
  • 深海鮫エキスでもっと輝ける毎日へ♪ マジコ スクアルーチェ
  • スマホやパソコン疲れに♪ マジコ アイ・サポート
  • こすらずに洗う新しい入浴習慣☆酵素の入浴剤♪マジコ エンザイムバスパウダー
  • 首や肩・腰のコリに当てるだけ☆ マジコ快癒器
  • 足裏から血行促進・冷え対策♪ マジコマグソール
↑ ↑