アウトレット

特価

中山式

中山式腹巻磁石付きOメッシュ

永久磁石の働きが筋肉のコリや疲れを和らげる

  • 中山式腹巻磁石付きOメッシュ
  • 中山式腹巻磁石付きOメッシュ

商品番号: 229330~229350

医療機器認証番号:
14600BZZ00028000

通常価格:8,250
2,200 円(税込)

ポイント:22pt

twitter Facebook
数量:
  

カゴに入れる

※かんたん決済をご利用いただくには、会員ログインが必須です。
こちらよりログインしてください。

製品特徴

16個の永久磁石の働きが筋肉のコリや疲れを和らげます。素材は通気性に優れた適度に伸縮するメッシュ生地を使用し、腰部を引き締め安定させます。内ポケット付きで便利♪

適応サイズ(約)

サイズ 腰回り
M 70〜90cm
L 80〜100cm

腰回りとは※腰回りとは・・・おへその少し下、腰の一番大きな部分のことです。

商品規格

サイズ(約) 長さ/M:90cm、L:100cm
縦幅:10.5〜16cm ※サイズ共通
素材・材質 ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル、綿、合成皮革
磁石:フェライト磁石
生産国 日本製
仕様 販売名:中山式腹巻磁石付き

使用上のご注意

・心臓ペースメーカー・金属製人工骨などの金属性物質を体内に埋め込んでいる方は、ご使用にならないで下さい。

・時計など、磁石の影響を受けるものには近づけないで下さい。

・本製品を使用するときは、必ず肌着の上から装着してください。

・アレルギー体質・湿疹性・汗でかぶれやすい方のご使用はお避け下さい。

・心臓疾患をお持ちの方、妊産婦の方は、医師の指示に従ってご使用下さい。


温活腹巻
  • 中山式の磁気の効果

    ここが違う!「中山式の磁気の効果」

    中山式は、昭和36年以来、さまざまな研究と改良を重ねてまいりました。磁石から発生する磁力線が体内に微弱な電流を生じさせ、血管を圧迫する筋肉に作用します。

  • 中山式の医療機器

    「中山式の医療機器」だから血行の改善とコリ解消に「効く」

    磁気には血液中の鉄分やイオンなどに作用し、血流をスムーズにして乳酸などの老廃物を押し流す強力なパワーがあります。そのため磁石腹巻などの磁気治療器は「装着部位のコリおよび血行の改善」に効果があり、法令によって「医療機器」と認められているのです。

  • 自律神経のバランス

    お腹の「外部」が冷えると「内部」との寒暖差から自律神経のバランスが崩れる

    お腹は胃腸をはじめ重要な臓器が多く集まる大切な場所。そのためお腹の「内部」が冷えないよう、常に体温が保たれています。しかし寒い季節などにお腹の「外部」が冷えると、「内」と「外」の温度差が広がり、自律神経のバランスを崩す要因になってしまうのです。

  • 消化・免疫のカギ

    丹田を中心に腹巻であたためることで消化・免疫のカギを握る腸をケア

    約1億個もの神経細胞が集まる腸は臓器の中でもとても敏感で、自律神経の乱れをストレスと感じ、消化や免疫のトラブルを招く恐れがあります。おへそから指2本下にある体の要所「丹田」の周りには特に多くの神経細胞があり、ここを中心に腹巻であたためることが大切です。

開発ストーリー~since1971~

5時起床の毎日で辿り着いた現行型

会社を設立した頃の当社製品は快癒器一商品だけでしたが、快癒器をお使い頂いている方々の中には胃腸病の方が多く、このような方々のお役に立てる製品はないものかということで、まず、テビロン腹巻(テイジン)を販売しました。そうしたところ、非常に多くの方々が腹巻を必要としていたことがわかりました。しかし、その当時の腹巻は輪になっており、足をとおして着用するというもので、今考えても決して着けやすいというものではなく、私自身、改良の必要性を感じておりました。そのため葛飾区のゴム工場50軒を毎朝5時に起きては歩きまわり、ようやくの思いで、現在のようなファスナーを付けて着脱を簡単にする製品の開発に成功しました。そうしたところ、絶賛をいただきました。これが「中山式腹巻」の歴史の一歩目でした。

階段から転げ落ちたことが契機に

その頃は、わが国も戦後の混乱からめざましい経済復興を遂げた時期でもあり、同時に健康あるいは薬剤による副作用への関心も高まり、予防医学の立場から一般の人々が手軽に使えて、しかも弊害を生じさせない医療用具の出現が切望された時期でもありました。 折りから磁気医学の研究が盛んに行われるようになり、人体へよい作用を与えるのではないかと言われていました。私はこの点に注目し、腹巻に磁石を装着して保温と治療の効果を同時に得られたらと、独創的な論理からある発案をしておりました。そんなときのある日、私は浅草の某料亭で13段もの階段を転げ落ち、恥かしながら腰を強打してしまったのです。病院を何軒もまわったものの、はかばかしい治療効果を得ることができませんでした。そこで、以前から着目していた磁気の効果を確認したい一心で、自身を実験台に磁気治療を試みました。結果、腰痛は予想以上に和らぎ、磁気効果を改めて認識できました。これを機に中山式磁石腹巻の商品化に着手し、昭和46年、ついに磁石腹巻を完成させました。

こだわり続けて改良品を開発

過去の磁石腹巻

本製品の開発においては、円形小片に人体への有効作用磁気量を付加した永久磁石を開発しました。また、効果的な磁気効果の浸透に取り組み、磁石のN極・S極を交互に組み合わせた磁石配列(4列16個)を考案しました。さらに、装着感を良好にするために、素材や縫着手法にもとことんこだわりました。こうして生み出した商品はご好評を頂き、発売以来、1300万枚以上を提供させていただきました。さらに翌年には、より小さく、より軽く、しかも磁束密度(磁場の強さ)の大きいプラスチック磁石を採用し、6列24個の磁石を装着するとともに、一層着用感を軽快にした「ヨーツー型」を開発し、さらなる磁気効果を期待できる商品を誕生させました。

ニーズに応えて進化を継続

時代の進歩とともに、医療用具も本来の治療・予防・保護の目的以外にも、ファッション性、快適性、フィット感といったプラス・アルファのニーズも求められるようになりました。そこで、腹巻の生地そのものに樹脂加工を施し、マジックテープの雄、雌の雄部を取り去り、スリム化を可能にしました。また、フィット感を高めるとともに通気性を良くすることを狙いとしてメッシュ生地を採用した商品、ボディーラインにフィットするようカッティングに工夫を凝らした商品、伸縮自在の薄手パイル生地を採用したオールシーズンタイプのフィット型商品などの開発を続けました。これからも私のモットーである『創意工夫』『総力結集』『即時実行』の精神に基づき、改良を重ねたより良い商品の開発に努めていきたいと思います。


中山式産業株式会社 創業者 中山 武欧

YOU MAY LIKE
この商品を見た人はこちらの商品も見ています

column
読みもの

モニターレポート
今月のキャンペーン