【重要なお知らせ】
4/16 : 偽装通販サイトにご注意ください → 詳細はこちら
4/16 : 模倣品、偽物にご注意ください → 詳細はこちら

6月18日朝に発生しました、大阪府を中心とした地震による、交通規制や道路渋滞などの影響で、お届けの遅れが予想されます。また、現在、大阪府吹田市と豊中市へは配達ができません。お客さまにはご迷惑とご心配をお掛けいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

NEW

三井式温熱治療器Ⅲ・マイハンドⅡセット

疲労回復、血行促進、コリ解消に、自宅で本格温熱ケア

  • 三井式温熱治療器Ⅲ・マイハンドⅡセット
  • 三井式温熱治療器Ⅲ・マイハンドⅡセット
  • 三井式温熱治療器Ⅲ・マイハンドⅡセット
  • 三井式温熱治療器Ⅲ・マイハンドⅡセット
  • 三井式温熱治療器Ⅲ・マイハンドⅡセット
  • 三井式温熱治療器Ⅲ・マイハンドⅡセット
  • 三井式温熱治療器Ⅲ・マイハンドⅡセット

商品番号: 417500

医療機器認証番号:
22100BZX01108000

91,470 円(税込)

ポイント:914pt

twitter Facebook
数量:
  

カゴに入れる

※かんたん決済をご利用いただくには、会員ログインが必須です。
こちらよりログインしてください。

医療機器認証の治療器で手軽にセルフ注熱

医療機器認証の治療器で手軽にセルフ注熱

遠赤外線が放射される発熱板を気になるポイントに当てて、自宅で手軽に本格温熱ケア。疲労回復や血行促進、筋肉のコリ解消など、毎日のセルフケアを応援します。手の届かない場所にも自在にヘッドを当てられるハンドルも付属し、全身をめぐるポカポカ感で心身をほぐすことができます。

商品規格

サイズ(約) 制御部:幅160×奥行100×高さ40mm、発熱部:幅70×奥行230×高さ30mm
重さ(約) 制御部230g、発熱部160g、マイハンドⅡ160g
生産国 日本製
仕様 電源:AC100V、50/60Hz、消費電力:31W、定格時間60分、温度設定:設定1=42℃ 2=55℃ 3=62℃ 4=70℃ PRO=86℃、付属品:ヘッドカバー2枚、温熱セルフケアのポイント(分かりやすい使い方ガイド)、持ち運び用キャリングケース
その他 ※開封後のお取り替え、ご返品はご容赦ください。

  • 体の熱不足を補う「三井式温熱療法」とは

    体の熱不足を補う「三井式温熱療法」とは

    三井式温熱療法とは、指圧師の三井兎女子(とめこ)先生が考案した治療法で、「体調不良の原因は体内の熱不足にある」という考え方がベースになっています。その人の冷えた場所に的確に熱を届ける「注熱」によって血行や筋肉の状態を整え、不調を改善していきます。

  • 三井式温熱療法の効果効能

    三井式温熱療法の効果効能

    ①疲労回復 ②血行をよくする ③筋肉の疲れをとる ④筋肉のコリをほぐす ⑤神経痛、筋肉痛の痛みの緩解 ⑥胃腸の働きを活発にする、という主に6つの効果が期待され、これらをプロの施術を受けることなくセルフで得ることができます。

  • 注熱によって筋肉をジワーっとほぐす

    注熱によって筋肉をジワーっとほぐす

    三井式温熱治療器の特徴は、筋肉の緊張をほぐしながら疲れを癒し、痛みを緩和していくところ。現代人は自覚のないまま筋肉に疲労を抱えていることが多く、この慢性疲労を注熱によってほぐすことで、肩こりや腰痛、冷え、さらにストレスも解消していきます。

  • 軽量・コンパクトなヘッド

    軽量・コンパクトなヘッド

    遠赤外線を放射するヘッドは軽量で手になじみやすく、片手でも楽々扱えます。セラミックコーティングが施された発熱板は、熱を広く伝える「面」として使うことも、中央部の盛り上がりを「点」として使って押圧刺激を与えることもでき、注熱のタイプを効率良く使い分けることができます。

  • 手の届きにくい場所には便利なハンドルで

    手の届きにくい場所には便利なハンドルで

    三井式温熱療法では、特に背中を重点的に注熱することで、脳脊髄神経系・自律神経系に働きかけ、脳を効果的に刺激できると考えられています。そんなときに便利なのが付属のハンドル。体にフィットする曲線と適度なしなりで、背中や腰など手の届きにくいところにもヘッドをぴったり密着させられます。

  • 温度調節ができるコントロールパネル

    温度調節ができるコントロールパネル

    注熱の温度は、体のコンディションに合わせて42℃~86℃まで5段階から選べます。設定操作は簡単で、パネルにはさらに注熱の残り時間も表示。電源は1時間で自動的に切れるので安心ですが、使用中はヘッドを当てる位置をこまめに動かすなど、低温やけどにご注意ください。

  • 上手な使い方<1>背中

    上手な使い方<1>背中

    (1)ハンドルを動かして、圧をかけたいところにヘッドを持っていきます。(2)片方の手でハンドルを支えながら、もう一方の手で柄の端を前に押し出すようにすると、ヘッドが背中により強く押し当てられ、注熱効果が高まります。

  • 上手な使い方<2>腰

    上手な使い方<2>腰

    (1)ハンドルを胴の横から回し入れ、圧をかけたいところにヘッドを持っていきます。(2)背中と同じように片方の手で柄の端を押し出すと強く押圧できるほか、そのままヘッドを下にして仰向けに横になるのも効果的です。

  • 上手な使い方<3>お腹や脚部に

    上手な使い方<3>お腹や脚部に

    冷え解消や胃腸の働きを活発にするにはお腹への注熱も効果的。また脚部の筋肉をじっくりほぐすことで、疲労回復、血行促進、むくみ解消なども期待できます。血液の流れに沿ってヘッドを動かし、滞っているめぐりを流していきましょう。

今月のキャンペーン