健康には栄養のバランスが大切

ご存知ですか?健康には栄養のバランスが大切

欧米型の食習慣、加工食品やインスタント食品の普及、朝食抜きの生活など、現代人の栄養バランスは乱れています。バランスよく食べているつもりでも、今の野菜は昔より栄養価が落ちているとも言われます。栄養バランスを整えることは健康の基本。上手に健康食品を使うことで、普段の食事で不足しがちな栄養素を補いましょう。

 

栄養摂取はバランスが大切

 私たちの生命活動は栄養素で支えられています。中でもたんぱく質・脂質・炭水化物は身体を構成し、エネルギー源となっています。そしてビタミンやミネラルは、その栄養素をエネルギーに変える「代謝」や、新しい組織を作り出す「合成」という重要な役割を担っています。不足してしまうと代謝や合成がうまく行われなくなり、この状態が続くと身体が重く感じたり、代謝が悪くなってしまいます。また、ビタミンやミネラルはどれか一つが不足してしまうと、他の栄養素が余っていても代わりに働くことができません。
 重要なビタミン、ミネラルですが、体内で合成できません。食物から摂るのが基本ですが、食生活の乱れや野菜の栄養低下などにより、現代人はビタミン、ミネラル不足に陥りがちです。いろいろな栄養素をバランスよく含む健康食品は、健康の土台作りにとても便利です。
健康の土台づくりと健康食品
高齢者の食事の傾向と対策

 

健康食品の上手な利用法

 健康食品は次の3つに大別されます。
 ビタミンやミネラルなど、食事では不足しがちな栄養素がベース(基本)・サプリメントです。体を構成したり、代謝を正常に保つ働きがあり、健康の土台となります。3ヶ月以上は継続することが望ましいと言われています。
 ヘルス・(健康増進)サプリメントは、体調の調整に関わり、健康の増進・維持に役立つ成分です。まずベース・サプリメントで土台を整えた上で利用するとよいでしょう。
 目的に応じて摂るのがオプショナル(目的型)・サプリメントです。身体の気になるところや体調に合わせて摂ります。
 いろいろな食品をバランスよく食べ、不足しがちな栄養素はベース・サプリメントで補い、目的に合わせてヘルス・サプリメントやオプショナル・サプリメントを取り入れるのが、健康食品の上手な利用法です。

 

「補酵素」が鍵

 食事で得た栄養素をエネルギーや身体の構成分として利用するため、分解して化学反応を起こすことを「代謝」と言います。代謝は「酵素」によって促進しますが、酵素は体内では合成できない「補酵素」の助けなしでは正常に働きません。ビタミン、ミネラルは補酵素にあたるため、摂取不足による補酵素不足は、代謝の滞りを招くことになり、体調を崩す原因にも。毎日の摂取が健康度を高めます。